1piu1uguale3名古屋公式オンラインショップ

  • NEW
商品番号 MRG426-COW117-99

WINGTIP FUR SANDAL (BLACK)

850 point
¥ 93,500 税込
サイズ
  • 41 (26.0~26.5) 残りわずか
  • 42 (27.0~27.5) SOLD OUT
  • 43 (28.0~28.5) SOLD OUT
  • 44 (29.0~29.5) 残りわずか

カラーバリエーション

  • 商品説明
  • サイズ
WINGTIP FUR SANDAL
トゥ部分に翼(Wing)のにような切り替えを
施したウィングチップ(Wing tip)はライニング
にリアルファーを配したミュール型を用意。

グッドイヤーウエルテッド製法
素材から縫製までMADE IN JAPAN
に拘りグットイヤーウェルト製法で
作られたレザーシューズコレクション。
グットイヤーウェルト製法は靴の製法の一つ
でハンドソーン・ウェルテッドと呼ばれる
手縫いの製法を機械化した方法です。
19世紀後半の製靴機を発明した米国の
チャールズ・グッドイヤー2世
と細革(ウェルト)に由来します。
中底に貼り付けられたテープのリブと呼ばれる
部分に甲革、裏革と細革と呼ばれる細い
帯状の革(ウェルト)を縫い付け(掬い縫い)
その細革とソールと縫合わせます。
(出し縫い)ソールと甲革が直接
縫い付けられていないため
(複式縫い)ソールが磨り減った
場合はオールソールと呼ばれる。
靴底全体を新たなものに
付け替える修理が可能です。
この製法は工程も複雑なために靴の
完成までに非常に手間がかかり構造的に
堅牢であるため比較的重く硬い仕上がりに
なるが頑丈で安定しており歩行性・緩衝性
に優れ長時間歩いても疲れにくいのが特徴です。
イギリスのビスポークの靴ブランド
がよく取り入れている製法である

なめし
皮を革にする動物の皮を剥がして叩い
たり揉んだり乾燥させたりして皮の繊維
を分解する工程を「なめし」という。

タンニンなめし
植物でなめしを行う。
メリットは、エイジングが楽しめる事で
使い込んだ時間と共に革が柔らかく
なり色合が増してくるので自分で
革製品を育てていく喜びがあります。
タンニンなめしの革は使えば使うほど
に馴染み味わい深い表情を見せ
どんどん高級感がましオーラがでて
くる、多くのクラフターが特にタンニン
なめしにこだわるのはこの為です。
また革には動物が生きていた証しと
して血筋やトラ(シワ)が少なからず
あるが革らしさを生かした透明感の
ある染料染め仕上げをしてあります。

クロームなめし
化学製品でなめしを行う。
クロムなめしは100年位前にドイツで
開発された化学薬品でなめす方法です。
時間と手間がかからないので現在ほとんど
の革製品がクロムなめしを行っています。
柔らかく頑丈なクロムなめしの素材
は、車やソファなどに使われます。
メリットはタンニンなめしと比べて
変色変化が控えめで、メンテナンス
を頻繁に行う手間がいりません。
このシューズにはタンニンなめし
された革が使用されている。
サイズ アウトソール 横幅 ヒール 高さ
41 29cm 10.5cm 3.5cm 9.5cm
42 30cm 10.5cm 3.5cm 9.5cm
43 31cm 11cm 3.5cm 9.5cm
44 32cm 11cm 3.5cm 9.5cm

※採寸は平置きにて測定(cm)しております。
多少の誤差はご容赦ください。


MATERIAL -素材

ENAMEL COW LEATHER
upper:cow leather